2013.02.27 Wednesday

ミュシャ[Alfons Maria Mucha] et ラリック[René Lalique]

0
    JUGEMテーマ:長崎県長崎市


    [Alfons Maria Mucha] et [René Lalique]


    Art & Culture 「芸術と文化」と題すると・・・大袈裟ですが(-"-)

    芸術大学で学んだわけでも、専門学校でセンスを磨いた事もない無粋な・・・

    私、DJ−SHIMODAが、ただ純粋に「大好きなんだ〜〜〜」という事で(^O^)/

    アルフォンス・マリア・ミュシャルネ・ラリックについて

    今日は、お話をしてみたいと思います(^−^)

    ミュシャは、20年以上前にイベントのポスターやフライヤーなどの製作を依頼して

    当時、お世話になっていたデザイナーさんにミュシャの作品集をいただいて

    その!美しい女性画に魅了され・・・肖像権フリーのデザインを使わせてもらってました

    アール・ヌーボーのガラス工芸&デザインと言えば爛レ″と思っていたSHIMODAが

    ジュエリー作家からガラス工芸家として成功しアール・デコの時代まで活躍した

    ルネ・ラリックの作品を、初めて観たのは、20年位前の佐世保の地でした

    当時、「西海アメリカンフェスティバル」の3on3 Street Basketballの大会で

    DJ&MCとして毎年、3日間参加していた時、宿泊した「弓張の丘ホテル」にあった

    「ガラスの丘美術館」は300点以上のルネ・ラリックの作品を所蔵しており

    その中に女性をモチーフにした、美しい作品の中でもガラスの大皿に「マーメイド」を

    あしらった作品に、心を奪われ年に何回も佐世保へ、足を運んでいました(^−^)

    アール・ヌーボー[art nouveau]と言えば、美しい女性や花、自然など曲線を使った

    作品が多い中、ミュシャルネ・ラリック[Mucha et Lalique]

    ガサツな私、DJ−SHIMODAの心を牴山據蹐陵佑頬かにしてくれます(^−^)

    また、日本の芸術や芸術家とも縁が深く、お互いにインスパイアされている至宝の時代

    私達日本人の心に薫る、目には見えない美しい何かが!発せられているのかもしれません



        [art nouveau] アール・ヌーボー


    19世紀末から20世紀初頭にかけ、欧米各地で一斉に流行した装飾様式。多用されるしなやかな曲線と曲面に特色がある。「新しい芸術」を意味するこの名称は、1895年末に美術商サミュエル・ビングがパリに開いた店の名「アール・ヌーボー」に由来する。ビングの店はベルギーのバン・デ・ベルデによって豊かに装飾されたうえ、新時代の到来を思わせる工芸品を展示した。ビングがド・フール、ガイヤール、コロンナの3人の工芸家の協力を得て、1900年のパリ万国博覧会に六つの部屋を出陳して大成功を収めるころ、「アール・ヌーボー」という店名が人々の間で様式名に転化し、定着したのであった。1900年にパリ市内百数十か所に設置されたギマール設計の幻想的な地下鉄入口も、アール・ヌーボーという様式のイメージを決定づけた。ギマールは「カステル・ベランジェ」をはじめ数多くの集合住宅によっても、アール・ヌーボー様式の確立を導いた。このほかポスターの領域におけるミュシャやグラッセ、宝飾品のラリック、とりわけナンシーの地でアール・ヌーボーを盛り立てた工芸家ガレの名前があげられる。

    しかしもとより、アール・ヌーボーはフランスに限定されない。ベルギーではオルタの活躍が著しく、タッセル邸やソルベー邸では「オルタの線」をほしいままにした。バン・デ・ベルデはベルギーでアール・ヌーボー工芸家として出発したのち、ビングの店などに力を貸し、さらにドイツの工芸界に圧倒的な影響を及ぼした。ドイツではほぼ同傾向の装飾様式に対して「ユーゲントシュティル」Jugendstilの名があてられるが、これは1896年にミュンヘンで創刊された雑誌『ユーゲント』(青春)にちなんでつけられたものである。これらより早くイギリスで進められた美術工芸運動の新風は、アール・ヌーボーの精神を先取りしていた。イギリスではこの動きは「モダーン・スタイル」(近代様式)と称された。ロンドンで進行した美術工芸運動とは別に、グラスゴーのマッキントッシュが特筆される。マッキントッシュの清新な感覚はウィーンの分離派運動と結び付く。このようにアール・ヌーボーという装飾様式は広範囲な国際性に大きな意義をもっている。アメリカにおける建築家サリバンの豊かな装飾、あるいはスペインの異才ガウディの熱狂も、ここに加えられる。


    アール・ヌーボーは新時代にふさわしい装飾様式を目ざしたものであったが、各国各人それぞれに、ゴシック、バロック、ロココなどかつての装飾感情が再解釈された局面も多い。日本美術から得た教訓も随所に反映された。たとえばビングは「アール・ヌーボー」を開店する前に月刊誌『芸術的日本』36号を刊行している。なお明治末年から大正期にかけて、日本の美術工芸界がアール・ヌーボーを逆輸入し、独特の風潮をつくりだした意味も大きい。アール・ヌーボーの波打つような装飾は、表面の飾りに終わらず、深い神秘や象徴主義と複合する部分が多く、アール・ヌーボーに魅了されるのはこの相貌(そうぼう)においてである。しかし20世紀に入ってこれが速やかに退潮した理由もまた、機械時代の機能主義に相いれないこの相貌においてであった。20世紀の建築とデザインは、あるときは装飾を罪悪とまでに決めつけ、別の進路をとっていった。

            
                                         

            [Alfons Maria Mucha]



                                        




    アルフォンス・マリア・ミュシャAlfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものであり、チェコ語の発音を日本語表記すると 「ムハ」または「ムッハ」となる。

    多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

    1860年7月24日 オーストラリア帝国、モラヴィア「現代のチェコ」生まれ



    モエ・エ・シャンドン[Moet & Chandon]ギンギンに冷やして「Cheers!」な気分です





                                          


    ミュシャの作品を眺めながら、冷えたシャンパンで
                                                 リラックスタイムの時はコチラを
                              
    Wonderfull Chill Out Music Love Chapter 2FullHD




     
                                        


                        [René Lalique]





    ラリックの創始者ルネ・ラリックは1860年にシャンパーニュに生まれました。パリとロンドンで装飾工芸を学んだ後、1885年からアール・ヌーボー様式で名高いジュエリー作品を次々に発表し、宝飾デザインの世界に革命的な変革をもたらし、その後1900年のパリ万国博覧会でその名は世界に知れわたります。有名ジュエラーにデザイン制作販売をしておりましたが、1905年に老舗ジュエラーのひしめくヴァンドーム広場24番地に店を構えました。当時、ラリックといえば最先端を行くモダンジュエリーの代名詞だったのです。

    1907年、転機が訪れます。香水商フランソワ・コティの依頼を受けて香水瓶のデザインに着手し、繊細で美しい香水瓶の量産に成功。またたくまにルネ・ラリックのデザインした香水瓶は世界中の女性の憧れとなりました。これをきっかけにルネ・ラリックはガラス工芸に転進します。
    以後、アール・デコ国際展覧会(1925年、パリ)のシンボルとなった巨大なガラスの噴水、オリエント急行や大西洋横断客船「ノルマンディー」号の内装、朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の正面玄関を飾る女神像のレリーフを初め、歴史に残る名作を次々に発表。こうしてラリックはアールデコのガラス工芸をリードする代表的工芸家と注目されるようになりました。

    作品の主なテーマとなったのは自然の美でした。花や樹木、昆虫、動物、そして神秘的な女性像。卓越したデッサン力と構成力によりデザインされたモチーフは、世界最高の技を誇る多彩なサティナージュ(フロスト加工)をはじめ、あらゆる装飾の技法を駆使してニュアンス豊かに表現されます。
    現在でも多くのコレクターを抱えるルネ・ラリックの創造性は、ラリックのアイデンティティとして受け継がれています。

           
           
           
           



                                         

    もう何年も弓張の丘ホテルに行っていませんが「ガラスの丘美術館」は

    どうなったのでしょうか?長崎にあんなステキなミュージアムは貴重だったのですが

           
           
    ここ何年か、佐世保方面のお仕事の時は日帰りばかりでした・・・(-"-)

    色んな想い出がイッパ〜いある大好きな、佐世保の街へゆっくり行かなければ!

    かなりお仕事を頑張っても、セレブリティーな皆さんの様に

    ミュシャやラリックの作品を簡単に購入することはできませんので((+_+))

    県美術館とかで「アール・ヌーボー展」などやって欲しいです

    リッチな方は、下記の「箱根ラリックミュージアム」でゆっくり鑑賞して、その後!

            

    大阪キタの「リーガロイヤルホテル」1Fの「ラリックショップ」で大人買いですネ!


                

           ちなみに、現在長崎県美術館では「クリムト展」を行っています

            コチラは4月7日まで是非!お出かけください(^O^)/

          現在、入口にランタンはありませんが、ナイトタイムに行かれると

              出島ワーフ&長崎の夜景が美しいですよ(^O^)/
         
             
    ステキなもの&美しいものを見たり、聞いたり、触れたり、感じたりすると

    自分自身も、何だか魂を清らかにされるように思います・・・(^−^)

    身近なものや、身近な人に、安らぎを得たり、癒されたりもいたしますが

    たまには、環境を変えてみるのも良いかもしれませんネ(^−^)

    時間が取れる方は、是非!美術館へ足を運びましょう「きっとステキなことが・・・」

    次回はGood music Good life 音楽について・・・See you next


             DJ-SHIMODAのホームページはコチラから
                
    http://dj-shimoda.main.jp/

    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 「Hotel Costes」♪ Good music Good life-#3
      mimi (09/04)
    • 「ガーベラの祝福」YOSHINOBU❤YUKARI [Original Civil Wedding]
      DJ-SHIMODA (11/11)
    • 「ガーベラの祝福」YOSHINOBU❤YUKARI [Original Civil Wedding]
      yukari (11/08)
    • Splendid music「素敵な音楽」Good music Good life♬
      lavender (07/05)
    • [Dance of the bride] YUTAKA❤CHIHIRO 「花嫁のダンス」Wedding
      DJ-シモダ (04/08)
    • [Dance of the bride] YUTAKA❤CHIHIRO 「花嫁のダンス」Wedding
      平山 (04/08)
    • 後半!記事の続き「パラグライダーから❤愛を叫ぶ」 KENJI❤RUMIKO
      DJ-シモダ (12/12)
    • 後半!記事の続き「パラグライダーから❤愛を叫ぶ」 KENJI❤RUMIKO
      深川優作 (12/11)
    • 「花嫁を守る花婿は陸上自衛官」KEITA❤KAYO[WeddingReception]
      DJシモダ (11/26)
    • 「花嫁を守る花婿は陸上自衛官」KEITA❤KAYO[WeddingReception]
      kayo (11/25)
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM